現役美大生が語る美大学科試験、面接、浪人について

今回は、美術大学に進学するためには、避けて通れない受験について述べたいと思います。

美大受験の学科試験内容

一般的には、面接と実技が必須で、それに加え、文学や論文作成など国語力を求められます。
各美術大学によって、学力検査の基準は違うので、志望校の受験要項を確認してみてください。

筆者は、英語、国語(古文含む)の学科試験を受けました。

東京藝術大学などでは、ポートフォリオが面接時に必要になります。自分をアピールする大事なものなので、しっかり用意しておきましょう。

一般大学にも、専攻分野として芸術専攻がありますが、この場合、センター試験にまず受かる必要があるので注意してください。

美大受験の面接時で伝えるべきこと

これも美術大学ごとにまちまちですが、基本的なこと(出入りの挨拶、態度や受け答え)が前提で、①アーティストになりたい理由 ②大学を選んだ理由(例:学びたい先生が居る、影響を受けた人が卒業生で… など) ③自分はどのような人間か、当日のためにどんなことを積み上げてきたか ということをはっきり言えれば良いでしょう。

中には、パフォーマンスをする方もいらっしゃいますので、多数の受験生の中から印象に残るように心がけてください。

デッサンに自信がなくても美大に合格するには?

「デッサンが得意ではないけれど、それでも美大生になりたい!」という方もいらっしゃると思います。
実際、美大生になって技術を蓄えるという方も数多く居ます。
実技が出来なくても美大生になれる可能性はあるのでしょうか…?

実はそういった学部もあります。
武蔵野美術大学の芸術文化学科などがそれにあたり、他専攻よりも実技試験が控えめです。

数年前では、実技の代わりにセンター試験と論文作成、面接といった試験内容でしたが、こちらも年代によって違うので、資料請求などでよく確認してから試験に望みましょう。

美大の滑り止め先へ進学するか浪人するか

本命の美大には合格できなかったけれど、滑り止めの美大に合格した場合、浪人を取るか、進学をするかは、美大受験生にとっての永遠の悩みです。

妥協して第2、第3希望の美大へ進学する人もいますが、「仮面浪人」といった大学進学をしつつ、他美大学を受験する方も居ます。
多摩美術大学・武蔵野美術大学・女子美術大学・東京造形大学、日本大学藝術学部といった通称「五美大」を目指す方が傾向としては多いなります。

美術大学は、有名所になるに連れて合格のラインが狭くなり、浪人生もかなり居ます。一年間を使い、今後のために視野を広げるのもおかしくはないというのが、現役美大生である筆者の考えです。

現役にこだわり計画を立てるのも良し、浪人期間を使ってさらなる向上を目指すも良し。

御両親と相談して考えていくことが大切です。

この記事を書いた人

美大ナビ編集部
美大ナビ編集部

美大受験のための情報サイト「美大ナビ」編集部です。

美大受験情報や、匿名希望で投稿していただいた美大受験体験記などを発信しています。


美大受験に関する記事を随時募集中です。

あなたの経験を美大受験生に伝えませんか?


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です