大手と中規模の美術予備校を選ぶ時のポイント

大手の美術予備校へ通うべきか、近くの画塾へ通うのがいいのか、美術大学受験生なら、誰しも悩むところではないでしょうか。大手と中規模予備校のメリット・デメリットを挙げてみました。

生徒数の違い

大手予備校の最大の特徴は、生徒数の多さです。地方から上京してくる生徒もたくさんいます。

そのため、同じ方向を目指している生徒も多く、他の生徒と自分の比較がしやすいというメリットがあります。比較することで、自分の得意、不得意を知ることができるのです。

筆者は、固い静物(箱やアルミ缶など)は苦手でしたが、柔らかいもの(花や手)が得意だということに気づくことができました。

中規模予備校は、「自分のペースで学びたい」人に向いています。競争する生徒も少なく、和気あいあいと通っている印象でした。教室も広くないので、昼間部と一緒の教室で学びます。間近で昼間部生の質の高い絵を見ることができるので、毎回刺激になりました。

参考作品(所蔵作品)の数

大手は参考作品の数も多いため、行き詰ったときに、参考にできる作品が見つけやすいのが大きなメリットになります。

それでも、中規模予備校でも参考作品の質は高く、十分参考になります。数を見るのではなく、良い絵をどのように参考にするかが肝なので、少ない作品数でも利用の仕方次第なのです。影の入れ方、空間の捉え方など、「次はここをまねしよう」と、ポイントを絞って参考にしました。

予備校入学前に体験学校へ行ってみよう

入学前に行うことは特にありません。各美術予備校では、定期的に体験入学が開催されているので、いくつかの学校を体験してみて、自分に合った予備校を見つけることが大切です。

多くの美術予備校では、初めての方のために「無料デッサン教室」を定期的に開催していたりします。手ぶらで参加できることが多いので、まずは、気になる学校に足を運んでみることでしょう。

筆者は、2校を体験してみましたが、1校は、なんとなく落ち着かないという理由だけで辞めました。選んだ予備校が良かったので、結果的に正解だったと感じています。長い間通わなければならない場所なので、直観も大切なのかもしれません。

最終的に中規模予備校を選んだ理由

規模と比較して、合格率が高かったからです。芸大を目指していなかったので、私大で合格率の高かった学校を選択しました。また、学費も大手と比較して安価だった点も選んだ理由の1つです。

大手と比べれば先生の数も少ないですが、人数に見合った数の先生は在籍しているので、個々にあった指導をしてくれます。

この記事を書いた人

ハナ

都内の私立美術大学出身。

卒業後は映像制作会社、広告デザイン会社に勤務。

予備校時代、学校生活などを中心に綴っていきます。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です