現役美大生が語る美大生の恋愛・友達事情

現在進行形で恋愛をしている美大受験生もいるかもしれませんが、予備校でしっかり勉強して、恋愛などは大学に入ってからと考えている美大生が多いそうです。

美大受験生の方にとって興味深いテーマだと思うので、良い交友関係や恋愛成就のためにも、上手くいくためのポイントを解説していきたいと思います。

共同作業で交流出来るから口下手でも大丈夫!

大学進学の際、友達が出来るか不安な受験生さんも多いはず。
せっかく希望の大学に行くのですから、楽しい学生生活を送りたいですよね。そのために、交友関係を充実させることは、必須ともいえます。

口下手だったとしても、慌てることはありません。物づくり系全般で言えることですが、作品や作業で語るといったスタンスでも関係が成り立つのが美大生です。
特に、大学1年生の序盤の課題は、自己紹介のような要素も含まれていて、作業をする中ですんなり仲良くできるはずです。

忙しさと恋愛

展示があって、課題が合って、教育課程を受けている学生もいて・・・
お互いに上手くスケジュールを合わせるといった事は、休日でもないと難しいかもしれません。そのため、お付き合いする仲になってもすれ違うことは多いかも。
異性と話したりといったことは日常茶飯事ですし、交流のためにご飯を食べに行ったりもします。

そういった生活は不安になるかもしれません。
それでも、アーティストになるべくして活動しているということを、お互いに理解し合えれば、より親密になれると思います。

本人を褒めるには作品から

やはり、物づくりの場ですから、作品に対しても理解をしてあげることは重要です。
理解できない作品であっても、本人の話を聞くことで、繊細な意味合いが込められていたり、その人の一面を知ることが出来ます。

作品は内面性が出やすいんです。ですから、好意をもった人が居るなら、作品を理解するよう歩み寄ってあげると、よりその人の心理がわかったり、理解出来たりします。
芸術の世界では流派や手法が違うことからの意見の相違はありますが、基本的な思考は美術を志す者同士同じはずです。

出会いは学校の外

美大生は、イベントに参加したりしていく中で、個々の繋がりを作りやすいんです。
そういった中で集まったりしていくと、波長が合いやすい人を見つけやすいと思うんです。
同年代とは限りませんが、付き合いを重ねていく度に、いつのまにか大事な人になっていたりということもありえますので、知り合った人の繋がりを長く保つようにしましょう。

それは作家同士であったり、時にはファンだったり。
学生であり、芸術家でもある美大生には、様々な交友関係があります。
出来るだけ良い関係を築いていきましょう。

美大生の恋愛マンガの王道といえば…

この記事を書いた人

美大ナビ編集部
美大ナビ編集部
美大受験のための情報サイト「美大ナビ」編集部です。
美大受験情報や、匿名希望で投稿していただいた美大受験体験記などを発信しています。

美大受験に関する記事を随時募集中です。
あなたの経験を美大受験生に伝えませんか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です