美大受験の受験料は高め。早めに必要な額を親に伝えておこう【2019年版受験料シート】

美大受験料2019

美術大学の受験料は、一般的な大学より高めの傾向があります。試験に実技も含まれるので、受験料が高くなるのも当然なのですが…

美大受験について知識の少ない保護者の場合、必要な受験料総額を甘く見積もってしまっている可能性があります。

さらに、交通費や宿泊費も発生する地方美大への受験になると、受験料の予算だけで50万円以上かかってしまうことも。

「こんなにも受験するだけでお金が掛かるなんて知らなかった!」

「予算がないから2校しか受験できないよ…」

「センター方式と一般方式の併願は諦めて…」

「受験料で貯金が底をついてしまった…合格したのに学費どうしよう」

なんてことがないように、早めにご両親と受験料の予算について情報共有をしておきましょう。

下のリンクをクリックすると、パワーポイントで作成した受験料シートがダウンロードできます。ご自身の受験校で編集し直して、ご両親へのプレゼンに活用してください。

>>美大受験料2019をダウンロードする

この記事を書いた人

美大ナビ編集部
美大ナビ編集部
美大受験のための情報サイト「美大ナビ」編集部です。
美大受験情報や、匿名希望で投稿していただいた美大受験体験記などを発信しています。

美大受験に関する記事を随時募集中です。
あなたの経験を美大受験生に伝えませんか?

関連記事